60代の白髪はどれくらい増えるのか?急に増えるのは注意

ステキなおしゃれ
この記事は約3分で読めます。

40代ごろから白髪が気になり始めます。

会社で50代は仕事が多忙で白髪などかまっていられないほど最後の宮仕えです。

そしてリタイアして久しぶりに鏡を見て自分の姿と向き合ったときに驚きます。

こんなに白髪があったっけ?

まだまだ若々しい60代ですが、間違いなく白髪は増えていきます。

最低限できるケアを紹介します。

スポンサーリンク

60代の白髪はどれくらい?

白髪は人それぞれですから、一概に60代は30%が白髪になるなどとは言えません。

50代でも真っ白になっている方も知っています。ある面、かっこいいのです。

親戚が美容師なのでその立場で聞いた情報です。

60代の前半から白髪が頭の全体に広がりはじめます。

髪の毛全体どこでも白髪があるようになってきて、黒髪よりも白髪は水分が少ないのでパサつくようです。

白髪が多くなるとパサつきも広がってまとめるのに苦労するそうで、短めにカットする方が増えるようです。

60代前半の方の白髪は、だいたい50%位が多いようです。

そして、60代後半から白髪が増えるスピードは増していきます。

一般的に60代後半の方の白髪は、あたま全体の60~80%まで増えていきます。

こうなると、他から見ると「白髪まじりのおっさん」から「白髪の初老のおじい様」になるのです。

これは人間である以上、自然であり病気ではないので勲章かもしれません。

スポンサーリンク

白髪が急に増えるのは注意

加齢に伴って白髪が自然に増えていくのは、正常な証拠です。

しかし、白髪になるのがとても速いスピードの場合は注意が必要と言われています。

その原因はよくわかりませんが、概ね次のようなことだと言われています。

白髪とは年を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰え消失した状態のことを言います。

髪の毛の色を作るのは「メラノサイト(色素形成細胞)」です。メラニン色素を作り髪に色をつけているのです。

加齢や病気などでメラノサイトが徐々に減少してメラニン色素も減少するので白髪になるというわけです。

メラノサイトが減少する原因には、マラリア、胃腸疾患、甲状腺異常、貧血症などの病気があるようです。

また、病気ではないもののストレスによって急に白髪になることはよく知られています。

白髪をケアする方法

パサつく白髪には、ヘアクリーム等で保湿をすると意外と目立たなくなります。

風呂上がりに頭を乾かして、そのままにしておくと、頭に白髪が広がって見えます。

しかし、ヘアクリームやコンディショナーなどで保湿してあげると、少しは目立たなくなるので簡単な方法としてはおすすめです。

白髪染めやヘアカラー、ヘアスプレー等の化学薬品を使う手もありますが、髪の毛が痛むこともあるのでよく選んで使いましょう。

最近では、シャンプーに白髪染めが入っていて自然に徐々に白髪から黒い方へと変えていく方法もあります。

一度やってみましたが、一気に変わるのではないので、周りの人も気が付かずに白髪が目立たなくなっていきます。

これはおすすめです。

白髪を予防する食べ物は?

現状では、残念ながら白髪を予防したり防ぐような効果のあるものは確認されていないのです。

昔から海藻を食べると髪の毛が黒くなると言われて機ました。

髪の毛はケラチンという成分で出来ていてイオウも5%ほど含まれています。

そのような成分が含まれている食べ物を食べるのもいいという方もいます。

たまご、納豆、肉、レバー、鶏がらスープ、海藻類、牛乳などです。

食べて見るのもいいと思います。なにより健康には必須ですから。

おわりに

60代の白髪がどれ位あるのかを紹介しました。

60代後半から白髪は進んでいきます。ケアやおしゃれを考えて白髪と付き合うことになります。

おしゃれな白髪をめざして楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました