60代のこの先は?まるで命のロウソクみたいな「テロメア」とは・・・

60代半ばにもなると気になることがあるのです。

それは今までの人生よりも、これからの人生の方が短いということ。

決めつけはいけませんが、通常は平均余命から推測すると、たぶんそうなんだろうと思うのです。

寂しい気もするのですが、だれしも避けられないことは事実!

人の寿命とはいったいなんなんだろう?

と考えていたら、すごい研究に出会ったのです。

それはまるで命のローソクともいえる「テロメア」という言葉です。

これはいったいなんなんだろう・・・

スポンサーリンク

テロメアとは?

2017年10月5日号の週刊新潮に掲載された記事がすごいのです。

それは【特別読物】「現在の寿命が一目で分かる!命のロウソク「テロメア」を長持ちさせる健康術」という記事です。

テロメアを調べると、細胞の核のなかの染色体の先っぽ当たりの領域のことを指していることがわかりました。

この染色体のしっぽの先のような部分は、細胞分裂をするたびに短くなっていくのだそうです。その回数は50~60回程度の限界があって、それ以上は細胞分裂ができなくなり細胞の寿命が来るというのです。

その長さが半分ほどに縮むと、細胞はもはや分裂することができなくなり死に至るというのです。

「テロメアの短縮は、人間が健康に生きる年月に限界を設けているというのが科学界の通説である。」と言われているようです。

つまり、簡単にまとめると、この染色体のしっぽの先っぽの長さを計ることで、あとどれ位の細胞寿命があるのかが分かるということです。

この検査は4万円前後で受けることができると言います。

テロメアはストレスに弱いのか?

テロメアの短くなる速度を遅くすることは可能らしいのです。

逆にスピードを速める影響を及ぼすのがストレス。

それも体内で生じる活性酸素が細胞を蝕む「酸化ストレス」だというのです。喫煙や睡眠不足、精神的な重圧でも、細胞が酸化ストレスを受けるといわれているのです。

つまり、ストレスを解消するとテロメアが短くなるスピードを遅くできるということです。

老後は、明るく元気に楽しく!

適度な運動もストレス解消に!
適度な運動もストレス解消に!

年を重ねるごとに短くなっていく「テロメア」。

しかし、ストレスを解消することで、短くなるスピードが遅くなるのです。

つまり、年を取ったら「明るく・元気に・おいしいものを食べて・適度な運動をして暮らす」ことが大事なのですね。

ブツブツとストレスを抱え込むと、酸化ストレスがテロメアが短くなるスピードをアップしてしまうかもしれませんね・・・

素人かんがえですが、ある高齢の方が長生きの秘訣を言ってました。

やはり、「くよくよしないで、明るく元気に、おしゃべりをして、おいしいものを食べて、楽しく生きることだ」ということらしいです。

ストレスフリーな環境で暮らせるように工夫して、これからの人生を楽しんでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました