おっさんがカッコよくておしゃれな帽子を選ぶ方法

ステキなおしゃれ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

帽子を選ぶのは難しいのです。

帽子というかキャップというか
選び方を間違えるとあぶないのです。

釣りやゴルフ、
あるいは農作業用となり
方向が違う方に行ってしまいます。

おっさんはいろんな帽子を無造作にかぶっている

帽子にはいろんな種類があります。

ニット帽、ワークキャップ、ベースボールキャップ
ストローハットなど様々です。

若作りして20代の若者がかぶる帽子を
かぶっているおっさんがいるのですが
どうも無理している感じがするのです。

かといって、○○農機や○○ディーゼルなどの
エンブレムがついていると
1次産業の業界人になってしいます。

ではゴルフの帽子は高価で1万円以上するものも
あるからといって
ストリートでかぶると派手な
違和感があります。

もっとすごいのは
釣り船にのったときにかぶる
D〇〇WAとか釣り具メーカの
エンブレムのキャップをかぶっているおっさんも
たまに見かけます。

いがいと似合うのが麦わら帽子

麦わら帽子というと
ちょっとカントリー風なおっさんに
勘違いされますね。

今風の呼び方は
「ストローハット」タイプ。

夏場に涼しくて
おしゃれな感じを演出してくれる
帽子です。

あのスタイルで
年間を通して季節に応じて
デザインを少し変えながら
素材を変えながらレパートリーを増やし
おしゃれを楽しむのです。

このタイプは顔がでかくても似合うのです。

あのふうてんの寅さんがかぶっていた帽子を
思い出すのです。

真四角な大きな顔に
よく似合っていたイメージが残っています。
違和感がないのです。

大人のおっさんは、クラシックでシンプル

おっさんの帽子はやっぱりシンプルで
まわりに安心感を与えるデザインが
いいですね~

ニット帽をかぶってカッコいいなら問題なし
しかし、振り返ったら・・・・

気品のあるおじ様を狙うなら
クラシックな定番の
最新デザインをコーディネイトすると
ステキになります。

おわりに

帽子は無理するとあらぬ方向に
行ってしまいます。

昔使った間に合わせの帽子では
おしゃれにはちょっととなります。

デザインは日々変わっているので
新しい帽子がセンスをアップしてくれます。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました