サインは『万年筆』かっこいい大人の一流男に!

ステキなおしゃれ
この記事は約3分で読めます。

いまやネットでメールやSNSの時代となり
手紙などは殆ど書かなくなりました。

そんな時代に万年筆をチラッと出して
サインなどしたら
おっさんは一流の男に変身します。

一流の大人の男には
希少価値のある万年筆が似合うのです。

スポンサーリンク

万年筆のルーツ

万年筆のルーツは紀元前2400年頃のエジプト

そのペンは「葦(あし)」をつかった葦ペンで
炭を使ってパピルスに文字を書いたのが
ルーツと言われています

日本には1884年に輸入される

日本には1884年に横浜のバンダイン商会が輸入し、
東京・日本橋の丸善などで販売されたと記録が残っている。

1970年代には公文書の記録にボールペンが認められ
徐々に万年筆は姿を潜めていくのです。

そして現代は、 万年筆の希少性・独自性が見直されて
趣味の高級文具としての座に就いたのです。

万年筆は高級文具でおしゃれ

趣味の高級文具であり
希少価値のある万年筆は一流の
ステータスを感じるのです。

万年筆をよく見ると
ペン先は「金」等で作られ
本体は高級な素材
が使われていて
事務用ボールペンとは存在価値が違うのです。

使い込むほどに馴染む

万年筆の特徴はペン先です。

使い込むとその人の持ち味が
ペン先に刷り込まれ
自分用に使い易く馴染んでくるのです。

長年使い込むと
書きやすく愛着が感じられる
ようになるところが
特徴です。

万年筆はかっこいい一流の男

ボールペンは使い方が簡単でいいのですが、
重みが万年筆にはかないません。

そっとジャケットの内ポケットから
万年筆を取り出して
サインしたりするイメージは一流の男

コーヒーを飲みながら
太字の万年筆でメモを取るあたりは
おとなの香が漂ってきます。

一流の男にはお気に入りの万年筆

PILOT CUSTOM74 万年筆とボールペン SOMESのペンケース

おっさんが一流のおじ様になるステップとして
お気に入りの高級万年筆を1本
持つことです。

おっさんが持っている渋い魅力を
万年筆は引き出してくれます。

日本製の万年筆と外国製はペン先が違う

日本製の万年筆はペン先が
縦書きに合う
ように
作られています。

もちろん横書きも問題はありません。

外国製の万年筆は
横文字が書きやすい
ように
設計されています。

どちらでも書く用途で
選ぶと良いですね。

日本製万年筆のおすすめ

最近年賀状も無くなりつつありますが、
たまには万年筆で1枚ずつ書くのも良いものです。

縦書きをメインとして
ハガキや手紙、原稿用紙等で使うには
縦書きに合う日本製がおすすめです。

PULOT CUATOM 74 made in Japan

お紹介するのはパイロットの万年筆です。

特に「CUSTOM 74」は定番で1万円以内で
手に入ります。

ペン先は極細から極太まで選べます。

デパートや文具店の店頭で試しがき出来るようになっているので
是非、書き味を体で感じてください。

インクはブルーの「月夜」INK-50-TY

インクはいろいろ選べますが、おすすめは
「月夜」という独特のブルーのインクです。

このインクをCUATOM74に入れて
文字を書くと
何とも言えない充実感と満足感が溢れます。

極太はダイナミックな男の書き味が出ます。

何行でも書き続けられて
てがとまりませんよ!

PILOT CUSTUM74 万年筆(極太) > Amazon

手書きが心地よい『万年筆とインク』がおすすめ

『万年筆はキャップが面倒』ノック式で簡単に使う方法

おわりに

是非、万年筆を一本選んで生涯共にする高級な趣味として1万円投資して損の無い小物です。

『趣味がない』のはチャンス!面白いほど趣味がみつかる探し方

なおたん

タイトルとURLをコピーしました