風水で開運!2022年の金運アップはキッチンから?

中国古来から人が幸せになるための「風水」が研究されてきました。

風水はどの様に開運や金運と関係があるのでしょうか?

2022年に金運がアップするとされている風水のポイント「キッチン」。

それはどんなことなのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも風水の起源や歴史とは?

封水の歴史は古く古代中国までさかのぼります。

ウィキペディアでは次の様に掲載されていましたので一部を引用します。

三重大学の目崎茂和によると、風水の起源は殷・周時代(紀元前10世紀以前)の「卜宅」にあるとされる[2]。これは宅地や村落の吉凶を占うもので、後の「陽宅風水」の基礎となった。

引用:ウィキペディア「風水」より

風水の起源は紀元前10世紀以前になることがわかります。

目的は「宅地や村落の吉凶を占う」ためにできたようです。

ここから見えてくるのは、村人にとって自然から受ける影響は大きく村の存続にも繋がってることがイメージされます。

「風水」の思想は唐代(7世紀頃)に非常に盛んになり、陰陽説や五行説が取り入れられ、唐代末(9世紀)には形成学派(巒頭)が誕生する。さらに、宋代(11世紀)には羅盤をもって吉凶を占う方位学派(理気)が誕生する。明・清時代になると両者の区別はあいまいになり、羅盤を扱う技術もより発展して現在の「風水」となる

引用:ウィキペディア「風水」より

さらに歴史を下り様々な説が取り込まれています。

そして時代を経て現代の風水につながっていることがわかります。

風水の目的は、どんな時代でも「人々が幸福であり続けたい」と願うことでした。

風水は古代から「人々が幸せに生きるために生み出した一つの方法であり文化」だったのです。

2022年金運アップのカギはキッチン?

風水の専門家によると、2022年は9年に1度だけ訪れる「はじまりの年」にあたります。

この年にしっかりと基礎を固めておけば、今後の9年間は良い年にしていけると言われています。

特に風水で「火」と「水」の気が同居するキッチンは金運アップ」の重要なポイントだというのです。

「金運」をアップするには、

  1. シンクのゴミ入れはきれいにする
  2. ガスコンロの掃除をする
  3. ゴミ箱にふたをする
  4. 観葉植物を置く

を行うことです。

整理されていないキッチン、ゴミが丸見えのゴミ箱は、金運を下げてしまうといいます。

ゴミ箱はふたをして、シンクの三角ゴミ入れにはゴミをそのままにしない、ガスコンロはいつもきれいに掃除することが大切だと説明しています。

観葉植物はキッチンと相性がいいので、ぜひ置きたいものです。

理由は、「火」と「水」の気を観賞植物が整えてくれるからです。

キッチンを整えて金運アップを目指しましょう!

まとめ

今回は風水の歴史や起源を説明しました。

また風水の専門家の情報では、2022年は「はじまりの年」だからしっかりと基礎固めをしておけば、今後9年間良い年ですすむとのこと。

また、風水で金アップのポイントのキッチンの整理は大切!

しっかりと掃除もして金運アップになるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました