年金額改定で知っておきたい『マクロ経済スライド』の仕組み

ゆとりの経済力
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

年金がいくらになるのかは死活問題です。

その年金額が調整されるという仕組みがあって
「マクロ経済スライド」という面倒くさそうな名前です。

経済を勉強していれば分かるのでしょうが
一般の庶民にはなじみのない言葉です。

年金額とマクロ経済スライドの関係を
簡単に分かる様に調べてみました。

年金額を決めるのは厚生労働省

年金がいくらもらえるかを決めるのは
厚生労働省の仕事です。

2020年度の年金額の決め方

総務省作成の「全国消費者物価指数」をもとに
厚生労働省が年金改定額を決める。

2020年度の年金額は、総務省が1月24日に公表した
「2019年平均の全国消費者物価指数」をもとに
厚生労働省が年金額改定を決めて公表しました。

その結果、2020年度の年金額
昨年度より0.2%アップの「プラス改定」となりました。

2020年度 0.2%アップの「プラス改定」

厚生労働省が計算した0.2%の根拠

日本の公的年金の財源はどこから?

現役世代が納めた年金保険料がその時の年金の財源

日本の公的年金の仕組みは、現役世代が納める年金保険料が
その時の年金の主な財源となります。

つまり、私たちが今もっている年金は
今働いている人たちが払った年金保険料から
支払われているのです。

問題点
少子高齢化だから、
保険料を納める現役世代が少なくなり、
年金をもらう人が多くなる。

現役世代の負担を減らす仕組み

若い現役世代が減少すると年金保険料を高くしないと
年金を受け取る人の金額が賄えなくなります。

結果、現役世代の負担が大きくなり問題となってします。

現役世代の負担が重くなりすぎない工夫

少子高齢化が進んでも
将来にわたって

現役世代の負担が重すぎず
また年金が受け取れるように調整する必要があります。

調整する仕組みが「マクロ経済スライド」

この調整する仕組みを
「マクロ経済スライド」と呼びます。

マクロ経済スライドの仕組み

厚生労働省では次の様に「マクロ経済スライド」」を説明しています。

マクロ経済スライドとは、そのときの社会情勢(現役人口の減少や平均余命の伸び)に合わせて、年金の給付水準を自動的に調整する仕組みです。

引用:厚生労働省ホームページ

様々な要因で変化する社会情勢に沿って
年金の金額を自動的に調整する仕組みを言うのです。

2004年(平成16年)の制度改正

制度は2004年にみなされて改正されました。

どの様に改正されたのか、その前後を説明します。

2004年の制度改正前

改正前は、以下の様になっていました。

・将来の保険料の見通しを示した
・給付水準と当面の保険料負担を見直した
・それを法律で決めていた

2004年の改正後

しかし、急速な少子高齢化となり保険料がどこまで高くなるのか
懸念されたため以下の様に改正することとなりました。

平成16年の制度改正では、将来の現役世代の保険料負担が重くなりすぎないように、保険料水準がどこまで上昇するのか、また、そこに到達するまでの毎年度の保険料水準を法律で決めました。

引用:厚生労働省ホームページ

さらに、国が負担する割合を引き上げ、積立金運用の活用とあわせて
公的年金の収入を決めることになったのです。

また、国が負担する割合も引き上げるとともに、積立金を活用していくことになり、公的年金財政の収入を決めました。

引用:厚生労働省ホームページ

給付と負担の変動に応じて自動的に給付水準を調整する仕組みを
「マクロ経済スライド」と呼んでいるのです。

マクロの視点
■「社会全体の公的年金制度を支える力(現役世代の人数)の変化」
■「平均余命の伸びに伴う給付費の増加」
出典:厚生労働省ホームページ

そして、この収入の範囲内で給付を行うため、「社会全体の公的年金制度を支える力(現役世代の人数)の変化」と「平均余命の伸びに伴う給付費の増加」というマクロでみた給付と負担の変動に応じて、給付水準を自動的に調整する仕組みを導入したのです。この仕組みを「マクロ経済スライド」と呼んでいます。

引用:厚生労働省ホームページ

5年に一度「調整期間」を見通す。

5年に一度行う財政検証のときに
おおむね100年後に年金給付費1年分の積立金を持つことができるように、
年金額の伸びの調整を行う期間(調整期間)を見通しています。

おわりに

おっさん!年金額がどの様に決まるのか、
その仕組みを簡単に説明しました。

マクロ経済スライドという仕組みを利用して
自動的に給付水準を調整して決めているのです。

多少面倒な説明もありましたが
大まかにはご理解いただけたのではないかと
おもいます。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました