不格好な体形を『カッコよく見せる』大人のモノトーンファッション

ステキなおしゃれ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お腹が出た体形だったり顔が大きく似合うコーディネートが難しく悩んでいるのです。簡単におしゃれできる方法はないのでしょうか?

年を重ねると体形も変化してきます。おなかは出てきてウエストは90センチを超え体重は80kg近くになり、どんなふうにおしゃれをしたらいいいか、逆に細身の体形でも欧米人の様なバランスの体形ではないのです。

洋服はその名の通り海外から入ってきたので、そもそも日本人の体形でデザインされたものではなかったので当然なのです。

しかし、ファッションデザイナーのアドバイスをよく読むとおしゃれはトータルなバランスだというのです。ユニクロでカッコよくまとめることも可能なのだそうです。

そこにはある方法あると言います。どの様な方法があるのか3つのポイントにまとめてみました。

スポンサーリンク

日本人の体形をおしゃれに見せる方法

大人のおじさんがカッコよく簡単にまとめるファッションの方法がありました。ポイントを3つに絞って今日からでもすぐにできる方法を紹介します。但し、ファッションは自由なので参考にして頂ければ幸いです。

その①:日本人の体形をカバーする方法
その②:大人におしゃれ度をアップするモノトーン
その③:ボトムスを決める

その①:日本人の体形をカバーする方法

足が身近う横に太い日本人の体形です、さらに身長に比べて頭が大きいので子供にに近いイメージがあるのが特徴なのです。

この体形を補正する方法があるのです。それは上半身あるいは下半身五にウエイトを置くバランスだと言います。上半身に大きめの服にして下半身を細目にするか、逆に上半身を細目にして下半身を大きめにするかです。

目の錯覚を利用して体形のバランスを補正しているのです。胸が厚くお腹が出ていたら上半身を大きく下半身を細目にするとバランスが良くなると言います。

私が良くやる方法ですが、モノトーンのスタイルで襟元にスカーフを膜だけでかなりおしゃれになり首周りにウエイトができるので相手に錯覚で小顔でスッキリと見せることができるので是非やってみて欲しいアイテムです。

その②:大人におしゃれ度をアップするモノトーン

一般的にモノトーンはだれでも会うし簡単におしゃれができる方法だと言われています。モノトーンとは黒・白かグレーでコーディネイトすることです。

例えば冠婚葬祭で着る略礼服が究極のモノトーンスタイルではないでりょうか。重厚なイメージになります。太っていても仕舞って見えるのがモノトーンの魅力です。

プラス1色でおしゃれがグッとアップ

そこでおしゃれにするには一工夫することだと言われます。カラーを1色追加することでおしゃれになるのです。仮に略礼服と白シャツにカラーのネクタイを閉めて見ると基本おしゃれになってきます。略礼服の代わりにモノトーンの服で整えるとおしゃれになるのです。

その③:ボトムスを決める

おしゃれのポイントは下半身のボトムを少し決めるだけでグッとアップすると言われています。

例えばカジュアルなくつを革靴に変えるだけでイメージが変わります。カジュアルなパンツををモノトーンのスラックスに変えるだけでイメージはガラッと変わってきます。

ファッションバイヤー・ファッションアドバイザーであるMBさんの書籍を読んで分かったことは、最初にそろえるべきものはボトムスからだと教えています。

トップスは顔に近くて目立つため、「大きく印象を変える」効果があり、ボトムスは「印象を整える」効果があるとアドナイスされています。(詳しくは参考図書をご覧ください)

参考書籍

ファッションアドバイザーであるMBさんの書籍で簡単におしゃれができる方法を紹介しています。すぐにできる方法で日本人の体形をよく考えていると思います。

おわりに

ファッションは時には相手の錯覚を利用してバランスを整える様なスキルもありなのですね。どんな体形でもカッコよく見せる方法を開発してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました